トゥベール ミネラルファンデーションを成分から解析

お肌への負担が少ないミネラルファンデーションの中でもトゥベールの
ミネラルファンデは使いやすいコンパクトタイプのパウダーファンデ。
ブラシタイプのミネラルファンデが多い中、固形タイプのトゥベールはお化粧直しも持ち歩きも楽ちん♪と働く女子たちには評価が高いんです。

 

トゥベールからミネラルファンデーションが届いてびっくり!
期待していた以上に素敵なコンパクト・・・。2,260円でこれはお得。。。
「おねだんいじょう」ではありませんか〜♪

 

トゥベールのミネラルファンデーションの成分について

では全成分を見ながらこの美容液ファンデーションを解析してみましょう。

 

↓トゥベールのミネラルファンデーション全成分はこちらです。↓

全成分表示は成分の多いものから表記されます。

 

マイカ、シリカはミネラルファンデーションで良く使われる成分です。
マイカは花崗岩や雲母片岩に多く含まれている天然の鉱物の事。パール効果があります。
シリカは無水ケイ酸のことで微粉末で吸収性が高く、パウダーファンデに良く用いられます。

 

オリーブ果実油は高い保湿効果を発揮し、肌からの水分の蒸発を防ぎます。
酸化亜鉛もミネラルファンデーションで良く使われる成分で、亜鉛を燃焼させた粉末のことで、火傷や傷跡の治療にも使われてきた成分です。日焼け止めに良く使われますね。
スクワランは滑らかなのにべたつかないという特質を持ち、お肌に対する刺激もほぼ、ありません。

 

セラミドとヒアルロン酸の成分もタップリ含まれていて、保湿効果を高めることに注力したファンデーションと言えるでしょう。

 

また、トゥベールのミネラルファンデーションにはアスコルビン酸の成分も見られることが何より特筆すべき点です。
アスコルビン酸はビタミンCのことで、ご存知の通り、高い美白効果が期待できる成分の事。ファンデーションで美白できる、と言うのは大きなメリットではないでしょうか!?

 

ビタミンCはレモンなど多くの果物や野菜に含まれています。

 

そのままでは壊れやすい成分ですので、分子の構造を変えて「ビタミンC誘導体」という安定した成分にしてから化粧品に配合されます。

 

ビタミンC誘導体には水溶性、油脂性があり、水溶性はゆっくりと浸透するため安定性が高く、油脂性は油分なので保湿効果がも高く、浸透が早いという特徴があります。
アスコルビルリン酸Na、3−O−エチルアスコルビン酸は水溶性。
テトラヘキシルデカン酸アスコルビルは油脂性です。

 

つまり、このミネラルファンデには水溶性、油脂性の両方が配合されています。
ビタミンCは肌に入るほど効果が期待でき、副作用の心配もありません。
ビタミンCの浸透性を高めるために水溶性、油脂性の両方のメリットを兼ね備えたトゥベールのミネラルファンデーションはビタミンC誘導体コスメの真骨頂と言えそうですね!

 

 

まさにファンデーションと美容液を兼ね備えた美容液ファンデーション。
2,260円とコスパが良いのもグー♪

 

ビタミンCには美白効果だけではなく、抗酸化作用もあるのでニキビの治療にも使われるほど。安全性と効果には定評がありますのでニキビに悩んでいる方にもオススメのファンデーションです。

 

トゥベール ミネラルファンデーションを実際にお試しした様子を詳細にレポートしたサイトがこちらにございます。

ファンデの色交換の仕方もこちらに掲載されています。
参考になさってみてはいかがでしょうか。

 

 

トゥベール ミネラルファンデーションを成分から解析関連ページ

公式サイトでトゥベール ミネラルファンデーションを購入してみました
当サイトではアトピーで乾燥性敏感肌の管理人が「トゥベール」のミネラルファンデーションを使用してみて、お肌への優しさやカバー力などをじっくりとレポートしています。